ケンゾウの自習室

とあるサラリーマンの学びと思考の記録

【書評】『教養としてのヤクザ』なぜヤクザがタピオカを売るのか?

 

 

 

みなさんはヤクザと聞いてどんなイメージをもっているだろうか。

 

麻薬、風俗、拳銃、抗争、巨額の金....

 

ステレオタイプなヤクザのイメージといえば、こうしたものと関わる恐ろしい裏の世界の住人、といったものだろう。

 

あるいは、少し年配の世代なら映画やドラマの影響で「ワイルドでかっこいいアウトロー」というイメージを持っているかもしれない。

 

ところが、現実のヤクザは今となってはそうしたイメージとかけ離れた存在になりつつあるという。

 

最近ではヤクザとしての活動だけでは生活が送れず、LINEのスタンプを作って販売したり、タピオカ店を経営していたりと、「表の世界」での商売に軸足を移しているというのだ。

 

一体この変化はなぜ起きたのか?

 

芸能人の闇営業問題で注目された「反社」の世界とはどのようなものなのか?

 

今回はこの本を読んで学んだ。

 

 

著者の溝口さんと鈴木さんは裏社会を専門に取材するジャーナリストで、実際に暴力団関係者と会ってインタビューをされているそうです。

 

ジャーナリストとして暴力団関係者とも一定の信頼関係を築いているお二人だからこそ知る裏話が満載で、闇金ウシジマくんのように刺激的な内容でした。

 

ぜひ手に取って読んでみてほしいと思います。

 

 

なぜヤクザがタピオカを売っているのか?

ヤクザとタピオカ。

 

これほど奇妙な組み合わせもなかなかないのではないだろうか。

 

一般的にヤクザが売るものと言えば薬物というイメージだが、なぜタピオカなんて売っているのか?

 

その理由は、暴力団対策法と暴力団排除条例によって、近年ヤクザへの締め付けが急激に強まっていることにある。

暴対法と暴排条例で激変した環境

この二つの法律によって、ヤクザを取り巻く環境は劇的に変化した。

 

銀行口座を持てず、生命保険に入れず、自動車の任意保険にも加入できない。

 

暴力団であることを申告せずにゴルフ場に入ったり、ホテルに泊まったり、クレジットカードを申請したりするだけで詐欺罪で有罪になる。

 

就職はもちろん、起業すら許されず、金を貸した相手に返金を催促しただけでも罰せられ、もはやまっとうに社会生活を送ることができなくなったのだ。

 

 

 

著者の鈴木さんは、かつてヤクザという生き方は一種のジャパニーズドリームであったと述べている。

 

働かなくても贅沢な暮らしができる存在。

 

出自も学歴も問われず、入社試験もないが、実力さえあれば「いいものを食っていい女を抱いていい車に乗る」生活ができた。

 

ところが時代と共に社会の暴力団への締め付けは強くなり、ジャパニーズドリームどころかまっとうな社会生活を送ることすらままならない存在になってしまった。

 

こうした制約の中で新しい、合法なしのぎ(稼ぎ)を求めてタピオカのような「普通の仕事」を始めるヤクザが増えたのだ。

 

 

抗争を「奪われた」ヤクザ

「暴力団の本業は暴力である」

 

著者の二人はそう語る。

 

暴力団が稼ぐために必要なのは薬物の流通ルートや人脈なんてものではなく、「暴力」による恐怖のイメージを持たれることだという。

 

簡単に言えば、「なめられたら商売あがったり」ということのようだ。

 

ここでいう「暴力」とは、一般人を相手にしたものではなく、ヤクザを相手にして打ち勝てる強さを指している。

 

つまり、抗争で勝つことが稼ぎにつながるのだ。

 

抗争で勝つからこそ、「本気を出したら何をするかわからない」という恐怖を周囲に抱かせ、一般人からのみかじめ料はもちろん、ヤクザ同士の間でも大きな儲け話を手にすることができる。

 

ところが、暴対法と暴排条例、そして1999年に制定された組織犯罪処罰法によってヤクザは抗争ができなくなった。

 

かつては敵対する人間を殺害するよう若い組員に指示し、刑期を終えて戻ってくれば上のポストが保障されるというシステムで抗争が行われていた。

 

しかし、組織犯罪処罰法が適用された場合は殺人事件に対する刑罰が重罰化され、死刑または無期懲役、もしくは6年以上の懲役となった。

 

殺人事件を起こせばほぼ確実に無期懲役になり、いつ刑務所の外に出られるか分からなくなったのだ。

 

さらに、実行犯だけでなく組織の上層部も罰則の対象となった。

 

これでは抗争をしたところで実行犯にも組織の上層部にデメリットばかりであるため、派手な抗争ができなくなったのだ。

 

昔の映画やドラマでよく見られたような、市街地で派手に撃ち合うような抗争が起きなくなったのは、こうした法律の整備によるのだ。

 

 

これからのヤクザ

平成はヤクザにとって受難の時代だった。

 

暴対法や暴排条例といった一連の法制定によって徹底的に締め上げられ、抗争というヤクザの専売特許を奪われてしまったのだ。

 

組同士で対立があっても大規模な抗争ができない現代のヤクザを、著者の二人はリングの上に立っているのに殴り合うことを禁じられたボクサーに例えている。

 

多くの観衆に見られながらリングの上に立っているというのに、殴り合うことが許されない。

 

やがて観衆になめられるようになってしまうという例えだ。

 

こうした状況下では、海外の犯罪組織のように警察も政治家も一般人も攻撃するような過激化の道を取るという選択肢もある。

 

実際、九州では一時期そうした動きが見られ、一般人も含めて8年間で14人もの死者を出す事態となった。

 

しかし、著者の二人が「ほとんど超法規的」と表現するほど警察が取り締まりを強化し、結果的に暴力団組織が壊滅的な打撃を受ける結果となった。

 

 

 

こうした背景から、生き残りを図ろうとするヤクザの新しい分野への進出の一例がタピオカ販売なのだ。

 

著者の二人は、今後ヤクザは地域レベルに縮小するか、消滅していくのではないかと予測している。

 

ただし、警察組織と暴力団は「共依存の関係」にあるらしく、警察には暴力団を抑えながらも消滅はしてほしくないという思惑があるようだ。

 

そのため、警察の取り締まりが直接的に暴力団を壊滅させるというシナリオはあまり可能性が高くないだろう。

 

この辺りはぜひ本を手に取って読んでみてほしいと思う。

 

 

『教養としてのヤクザ』の感想

『教養としてのヤクザ』は、多くの人にとってニュースで耳にするだけの存在であるヤクザが、実は僕たちの身近なところで「表社会」の仕事をしているという意外な実態について知ることができる。

 

この記事では触れなかったが、ヤクザは一次産業や土木現場、原発の廃炉作業まで、いたるところにつながっているらしい。

 

それも労働者を売り飛ばすという漫画みたいな話ではなく、ヤクザ自身が働いているというのだ。

 

また、吉本興業の闇営業問題で話題になった「反社会勢力(反社)」という言葉をヤクザが嫌う理由や、特殊詐欺などを行う「半グレ」とヤクザの違いなど、普段知る機会がない裏の世界について入門的に学ぶことができる一冊だった。

 

 

 

誰もが、できることなら明るい世界で生きていきたいと思っているはずだ。

 

だが、表の社会と裏の社会はまさに表裏一体であり、思いもしないところに裏の社会への入り口が開いているようだ。

 

うっかりそちらの世界に足を踏み入れることがないよう、「教養として」裏の世界について学んでいきたいと思う。

 

もちろん、手段は読書だけにするつもりだ。