外出自粛要請で僕たちの文化度が試されていると思う

 

 

今週末は東京都内で外出自粛要請が出されており、他県から東京に行くはずだった人たちも含めて、多くの人が予定をキャンセルしたと思う。

 

なぜ土日だけ外出自粛なんだ?

 

平日の満員電車は問題ないのか?

 

コロナは平日休みで土日だけ活動するのか?

 

という冷静なツッコミがTwitterで飛び交っているが、自粛要請の有無に関わらず、こんな状況でわざわざ外出しなくてもいいだろう。

 

感染拡大を予防するという観点だけでなく、自分で自分の命を危険にさらす必要はないからだ。

 

 

 

さて、そんな外出自粛要請によってこの週末は家から出ないで過ごしたという人も多いだろう。

 

子供の世話に追われた人、勉強した人、読書や映画を楽しんだ人....

 

色々な時間の使い方があるが、外出を控えなくてはならないときに何をするかということが僕たちの文化度を試していると思う。

 

ここでいう文化度とは、外出してたくさんの人と集まって遊んだりお酒を飲んだりしなくても、自分ひとりの時間を有意義に過ごせるかということだ。

 

世間がこれだけの騒ぎになっているのに行列を作り、「密閉、密集、密接」の状態でパチンコを打つような大人は、言うまでもなく文化度が低い。

 

f:id:kenzou_self_study:20200329190848p:plain

外出自粛要請の中パチンコに並ぶ大人たち

 

そして、いい年をした大人が家でゲームばかりやっているというのも、文化度が高いとは言えないだろう。

 

友達と集まったときにたまにやるゲームは親睦を深めてくれるが、一人でやるゲームは時間が消えていくだけで、自分を成長させてはくれない。

 

ゲームの中でどれだけランクアップしても、現実の自分は全くアップグレードされないからだ。

 

他人の趣味を否定するようで気が引けるが、大人なら一人ゲームに捧げる時間がどれだけ虚しく生産性がないか、正しく理解しておいた方がいいと思う。

(YouTubeでゲーム実況して稼ぐなら別だが)

 

 

 

では大人が一人で何に時間を使うべきかと聞かれれば、僕の答えは「読書」「映画」だ。

 

本や映画は今まで知らなかった世界を教えてくれる。

 

何かの分野の知識を身に着けたいと思ったら、その分野の本を20冊くらい読めば大学で4年間学ぶのと同じくらいの知識が身につく。

 

自分が今歩んでいる人生とは違った人生を疑似体験するなら、映画より最適な方法はないだろう。

 

 

社会人になるとほとんどの人が日常的に勉強をしなくなり、仕事に関する知識以外は学生時代から全くアップデートされていない状態になる。

 

仕事に全力投球する人生を否定するつもりはないが、1日の中で1時間だけでも読書や映画で見聞を広める人生とそうじゃない人生なら、明らかに前者のほうが「豊かな人生」だと僕は思う。

 

僕は自分が信じる豊かな人生を送りたいから、毎日読書して時間のある時は映画を観るようにしたい。

 

読書や映画を通して身に着けた教養や教訓は全財産を失ったとしても自分の中に残るし、毎日勉強するという習慣は人生の助けになると思う。

 

 

そして現代では読書も映画もお金をほとんどかけずに楽しむことができる。

 

kindle unlimitedとAmazon Primeはスマホ一つあればアプリでいつでもどこでも本と映画が楽しめるし、2つ合わせても月に1500円もかからない。

 

コロナ騒動はもうしばらく続きそうなので、この機会に本と映画をむさぼりたい人は無料体験してみてほしい。

 

この記事をここまで読み進めてくれた人なら、絶対後悔しないと思う。

 

kindle unlimitedを無料体験する

 

Amazon Primeを無料体験する

 

 

ちなみに平成28年社会生活基本調査によると、25~34歳の「学習・自己啓発・訓練(学業以外)」は「10分」だそうだ。

 

社会人になって周りに差をつけたいなら、読書は最高のコスパだと思う。