ケンゾウの自習室

地方在住サラリーマンの学びと思考の記録

【資産管理】「Money Forward Me」は社会人のお金の管理に欠かせないアプリだと思う

 

 

社会人と資産形成

社会人になると貯蓄や資産の個人差が大きくなり、全くお金に困らない人と毎月カツカツの人に二極化します。

 

どれくらい差がつくのか、平成29年度「家計の金融行動に関する世論調査(単身世帯調査)」の結果を見てみましょう。

 

20代、30代、40代の独身者の貯金額の平均値と中央値は、

 

20代:平均142万 中央値0

 

30代:平均589万 中央値83万 

 

40代:平均936万 中央値30万

 

ちなみに「貯蓄0」と回答した割合は20代が60%、30代が40%、40代が45%となっています。

 

この結果を見ると、年代が上がるにつれて平均値と中央値の差が開いていくのがわかりますね。

 

つまり、堅実に貯蓄を続けた人と浪費を続けた人の差が、時間と共にどんどん開いていくということです。

何が資産の差を作るのか?

貯蓄ができる・できないという違いは決して収入の多い・少ないによって決まるわけではありません。

 

もちろん、収入が多ければ多いほど貯金しやすいのは間違いないですが、収入の多さは貯金ができるかどうかを決定づけるものではありません。

 

貯金がどれくらいできるかを決定づけるもの。それは、

 

「毎月の収支を把握し、コントロールできているか」

 

という一点のみです。

 

 

毎月の収支を把握し、常に支出が収入を超えないようにしていれば必ずお金は貯まります。

 

手取り年収が300万円の人でも、年間の生活費が200万円なら毎年100万円の貯金ができます。

 

これを20年続ければ年金2000万円問題なんて怖くなくなりますよね。

 

 

一方で、手取り年収が1000万円に届くような高収入の人でも、年間の生活費が1000万円ならお金は決して貯まりません。

 

何かの事情で働けなくなったら、生活レベルをタワーオブテラーのごとく急降下させなくてはならないわけです。

 

 

つまり、社会人がお金を貯めるには収入を上げることも大切ですが、何よりも収支の把握とコントロールが必要ということです。

家計簿は続かない

毎月の収支を把握してコントロールするというと、家計簿をつけるという方法がまず浮かぶと思います。

 

しかし、僕の経験では家計簿をつけるのは長続きしません

 

なぜなら、家計簿をつけるというのは手間と時間がかかりすぎるからです。

 

 

家計簿をつけるためには出費のたびにメモを取ったり、レシートを保管したりする必要があります。

 

家でネットショッピングをしたときは簡単にメモを取れますが、外出先で出費のたびにメモを取るのはとても大変ですよね。

 

また、1日の終わりに家計簿に支出を記録したり、月末に電卓をたたいて計算したりするのも時間と手間がかかります。

 

その結果、記録するのが面倒になって家計簿で挫折した経験がある人は多いのではないでしょうか?

 

毎月の収支を記録するために家計簿を続けるというのは、とても大変なことなのです。

お金の管理は自動化しよう

そこでおすすめしたいのが、アプリを利用してお金の管理を自動化することです。

 

現代はとても便利な時代で、一度銀行口座やクレジットカードを登録すればあとは勝手に毎月の支出を記録し、カテゴリー分けまでしてくれるアプリがいくつもあります。

 

その中でも僕がおすすめしたいのが「Money Forward Me」というアプリです。

 

 

「Money Forward Me」は利用者数1000万人を超える家計簿アプリで、電子マネーやクレジットカード、銀行口座や証券口座まで、様々な口座のお金の出入りを確認することができます。

 

金融機関とアプリの連携を一度するだけで、あとは毎月のお金の流れが自動的に記録されます。

 

ちなみに先月の僕の支出はこんな感じです。

 

f:id:kenzou_self_study:20200811184613j:plain

 

僕は可能な限りキャッシュレス決済で生活しているため、本当に何もせずお金の流れが記録されます。

 

会社関係の食事で現金を使わざるを得ないときだけ手入力をしていますが、それ以外はカテゴリー分類まで勝手にやってくれるので本当に便利です。

 

 

ちなみに有料プランを利用することで登録できる口座数が増えたり、決済情報の更新頻度が上がったりしますが、無料版で十分だと思います。

 

特に登録できる口座数は無料版の10個で十分です。

 

人間はお金を分散して持つと実際よりもたくさん持っていると錯覚してしまうため、このアプリの利用をきっかけに銀行口座やクレカを見直しましょう。

 

特に買い物をする店ごとに一番還元率の高いクレジットカードを作っている人は要注意です。

 

店ごとにクレジットカードを使い分けることでお得に買い物をしていると錯覚しがちですが、ポイントに踊らされて浪費する可能性の方が高いので気を付けましょう。

 

一番買い物する機会が多い3,4枚程度だけ残して、あとは解約することをおすすめします。

収支管理はお金持ちへの第一歩

もちろん、お金持ちになるためには収入を上げることも大切です。

 

しかし、もっと大切なのは「収入の範囲内で生活する」ということです。

 

「身の程をわきまえる」と言ってしまえば聞こえは悪いですが、このルールを守れなければいくら収入が高くてもお金持ちにはなれません。

 

むしろ負債=借金が重なっていくことになり、いつまでもお金の不安が消えないでしょう。

 

 

僕が好きな「ドラゴン桜2」という漫画にこんなシーンがあります。

 

f:id:kenzou_self_study:20200811200341j:plain

『ドラゴン桜2』より

人間が幸福を感じる瞬間は様々ですが、健康でお金の不安がなければだいたい幸せになれます。

 

毎月の支出が収入を超えていたり、稼いだ分だけ使ったりする生活を送っていると一時は楽しい思いができるかもしれませんが、どこかで必ずそのつけを払うことになります。

 

 

「収入の範囲内で生活する」

 

 

このたった一つのルールを守り続ければお金の不安はなくなります。

 

その一助として、「Money Forward Me」は必ず役立つと思います!

 

 

ちなみに僕は「FIREへの道」というこのブログのカテゴリー内で、毎月の収支と資産の推移を公開しています。

 

みなさんの資産形成の参考やモチベーションになれるよう頑張っていますので、ぜひチェックしてみてください!

 

FIREへの道 カテゴリーの記事一覧 - ケンゾウの自習室

関連記事

「Money Forward Me」はキャッシュレス決済との相性が最高です!

 

ぜひ以下の記事も参考にしてください!

 

www.kenzou-jishu.com

www.kenzou-jishu.com