ケンゾウの自習室

地方在住サラリーマンの学びと思考の記録

2020年6月の収支・運用状況

2020年6月の収支

6月の収支は以下の通りです。

 

f:id:kenzou_self_study:20200706170049j:plain

2020年6月の収支

  

・収入→296401円

・支出→52106円

 

よって244295円のプラスでした。

 

今月はボーナスが振り込まれたため、普段では考えられないような収入となりました。

 

常にこれくらいの手取りならいいのですが...(笑)

2020年6月の収入

収入の内約は以下の通りです。

 

f:id:kenzou_self_study:20200706170752j:plain

2020年6月の収入
収入の内約

「給与」はボーナスを含めた金額です。(身バレ防止のため、金額の内約までは記述しないでおきます)

 

コロナの影響でボーナスが大きく下がっている上に僕の会社では1年目の夏のボーナスは一定の割合で減額されるため、ボーナス込みの割には低い金額になっています。

 

冬のボーナスからは満額もらえるのですが、例年通りの水準は期待できないのが残念です...

 

とはいえ、このご時世にボーナスがもらえるだけでもラッキーと思うしかないですね。

 

 

「事業・副業」については、このブログのいくつかの記事で紹介しているkindle unlimitedや本の紹介料です。

 

有名ブロガーからすれば大したことない金額かもしれないですが、自分が使ってみて「いいな」と思ったものを紹介してお金がもらえるのは、給料とはまた違った喜びがあります。

 

そしてkindle unlimitedの魅力が多くの人に伝わってユーザーが増えれば、徐々にコンテンツも充実して僕自身も選べる本が増えるという好循環です。

 

月額980円とは思えないほど充実したサービスなので、ぜひ無料体験してみてください!

2020年6月の支出

6月の支出は以下の通りです。

 

f:id:kenzou_self_study:20200706175632j:plain

2020年6月の支出
支出の内約

支出に関しては項目が多いのでかいつまんで。

 

「食費」が19564円とかなり安いのは、コロナ自粛で外食が1,2度程度だったことと、入社直後ということで会社経費の食事会が多かったためです。

 

また、僕は食事の時間を12~20時までに制限する健康法を実践しているので、朝食の食事代がかからないというのも理由の一つです。

 

今後は外食の機会が増えていくかもしれませんが、基本的には自炊や社員寮の食事で節約していく予定です。

 

 

「通信費」が16811円と高額なのは、YouTubeプレミアムの利用料、ソフトバンクの通信費とソフトバンクエアーの料金にプラスして、格安シムへの乗り換えの経費がかかっているからです。

 

本当は楽天アンリミットの1年間無料キャンペーンを利用したかったのですが、住んでいる地域がギガ無制限エリアの外だったため断念しました。

 

別の格安シムを契約したため、来月からは通信費がそこそこ下がる予定です。

 

ソフトバンクエアーも解約する予定で、これからポケットWi-Fi各社の比較を始めていきます。

 

 

その他の出費について、

 

「交際費」は両親へのプレゼント

「日用品」は掃除用品や食器

「交通費」は緊急事態宣言解除後の帰省

「その他」はこのブログのドメイン代

「現金・カード」はSuicaへのチャージ

「教育・教養」はkindle unlimitedの利用料

 

に使ったお金です。

 

ちなみに家賃・光熱費は社員寮に住んでいるため給与天引きになっています。

 

金額については特定を避けるため、伏せさせていただきます笑

2020年6月末の運用状況

僕はSBI証券で「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」に集中投資をしていて、余剰金はすべて証券口座に入金しています。

 

 

 

6月末の時点での運用状況は以下の通りです。

 

f:id:kenzou_self_study:20200706185731j:plain

2020年6月末の口座残高

 

f:id:kenzou_self_study:20200706200523j:plain

2020年6月末の運用収益率

 

残高のうち30万円ほどが現金ですが、一気に投入することは考えていません。

 

毎月の余剰金と合わせてドルコスト平均法で積み立てていきたいのと、入院などの急な出費の際にすぐ現金化できる状態にしておきたいからです。

 

 

今のところ毎月の入金は15万円ですが、給与の上昇に合わせて入金額は増やして行きます。

 

ボーナスも計算に入れての金額なので、冬のボーナスが大幅に落ちればもちろん減らさざるを得ませんが(笑)。

まとめ

僕は決して高収入なサラリーマンではありませんが、毎月の支出を最適化していくことで少しずつ資産を増やしています。

 

給与が上がっても生活水準を上げることはせず、経済的自由の獲得をまずは目指しています。

 

特別高収入ではないサラリーマンでも再現可能なFIREへの道を公開していきますので、更新を楽しみにお待ちいただければ幸いです!