『坂道のアポロン』を観て清々しさに胸焼けした

『坂道のアポロン』は小玉ユキの原作漫画を実写化した2018年公開の映画です。

知念侑李、中川大志、小松菜奈、ディーン・フジオカ、真野恵里菜といった豪華キャストが出演しています。

 

ストーリー

医師として病院に勤める西見薫(知念侑李)は、診察に追われる忙しい毎日を送っていた。

 

ある日、入院している子供たちにせがまれて院内に置いてあるピアノを演奏すると、高校時代の思い出が甦ってくる。

 

【スポンサーリンク】
 

 

10年前、父を亡くして九州の親戚の家に預けられた薫は、冷たい対応の親戚家族になじめずにいた。

 

「絶対に医学部に合格しなさい」と親せきからプレッシャーをかけられる日々の中で、家に置いてあるピアノを弾いている時間だけが、薫にとって心の平穏が訪れるひとときだった。

 

 

そんな彼が転校先の高校で出会ったのは、学校中から恐れられる不良の千太郎(中川大志)と、その幼馴染である律子(小松菜奈)だった。

 

最初は粗暴な千太郎にうんざりする薫だったが、レコード屋を営む律子の家の地下室で荒々しく、しかし楽しそうにドラムを演奏する千太郎を見て、徐々に千太郎に惹かれていくとともにジャズに魅了されていく。

 

f:id:kenzou_self_study:20191129125728j:plain

 

その日を境に、薫はピアノで、千太郎はドラムでセッションをし、律子と3人で過ごす楽しい日々が始まった。

やがて薫は律子に恋心を抱くようになるが、律子の思いは千太郎にあることに気づいてしまう。

 

f:id:kenzou_self_study:20191129125940j:plain

 

千太郎は律子の思いに全く気付いておらず、海で出会った美しい女性、百合香に恋心を抱く。

しかし、百合香は千太郎が「じゅんにい」と呼んで慕っている桂木淳一(ディーン・フジオカ)に思いを寄せているのだった。

 

複雑に交差する恋心の一方で、薫と千太郎は友情を深めていく。

だが、そんな幸せな青春も長くは続かなかない。

 

ある事件をきっかけに、千太郎は薫と律子の前から姿を消してしまうのだ。

 

 

そして10年後....

 

【スポンサーリンク】
 

 

映画の見どころ、感想

 

映画を観た後の率直な感想は、

 

 

 

「なんだこの清々しさは...」

 

 

でした。

あまりの清々しさに胸焼けしました。

 

いや、本当に清々しい映画で、完全にネタバレなんですけど、

 

 

登場人物、誰も死にません。

 

 

これ結構すごいことだと思います。

 

完全に偏見なんですけど、邦画といえば登場人物が誰かしら死ぬじゃないですか?

 

そうやって安易に泣かせようとしてくるものだと思うんです、邦画って。

 

でもこの映画はそういうの一切なくて、なんというか、ストレートと言うか、純粋と言うか。

いや、でもやっぱり、清々しいという言葉がふさわしいと思うんです。

 

もちろん、ストーリーに書いた通り登場人物たちの恋心が複雑に交差していて、そのあたりのもどかしさはあるんですが、でもやっぱり薫と千太郎の友情が離れることはなくて、

これもネタバレなんですけど、

 

一瞬ケンカするんですよ、こいつら。 

 

でもその後お互いに向き合うことから逃げず、ジャズの力を借りつつも、自分たちの素直さで関係を修復していくんです。

 

これってなかなかできないですよね?

 

僕たちって、大人って、気にいらない相手がいればすぐに視界から消そうとするじゃないですか?

 

大学生だったら連絡を取らなくなって、授業を一緒にとることもなくなって、教室でも離れたところに座って。

 

社会人で職場が一緒で離れられないときは、立場が上の方が小細工して相手をどこかに飛ばしたりして、とにかく、とにかく視界から見えなくしようとするのが大人じゃないですか?

見えなくして、距離をとって、忘れるのが大人になるってことじゃないですか?

 

仲直りとか暑苦しいし、くさいって笑って、年をとればとるほど人間関係に本気で向き合うことってなくなっていくと思うんです。

 

でも、主人公たちは違うんですよね。

 

このままじゃダメだって、自分の思いをぶつけて、お互いに素直になって、認め合いたいっていう気持ちをそのままぶつけ合うんです。

 

田舎の高校という閉ざされた空間であることも理由だとは思いますが、忘れつつある大切なことを思い出させてくれる映画だったと思います。

 

 

現代人はほんとに人間関係がドライで、でもそのドライさが楽と言うか、主人公たちの付き合い方の方が断然しんどいと思うんです。

 

でも、だからこそ映画ではそういうの観たいと思うんです。

 

実際にはしんどくて無理だけど、本当は人間関係の温かさって、しんどさが付きまとうもので、そういうの映画を観ることで感じたいんだと思うんです。

 

『坂道のアポロン』はまさにうってつけの映画でした。

 

Amazonプライムで無料で観られるので、チェックしてみてください。 

 

Amazon prime 30日間無料体験はこちらから

映画『最強のふたり』は障がいのある人との向き合い方を考えるきっかけをくれる

『最強のふたり』は2011年公開のフランス映画で、事故で体が不自由になった富豪と、その介護人となった貧困層の移民の若者の交流を描いた作品だ。

 

f:id:kenzou_self_study:20191209235524j:plain

 

軽くあらすじを紹介する。

パリに住む富豪のフィリップは、事故による頚髄損傷で首から下の感覚がなく、体を動かすことが出来ない。

住み込みで彼の生活を支える介護人を雇うために候補者の面接をしていたところ、移民の青年ドリスがやってくる。

彼は失業保険を引き続きもらえるよう不合格証明書にサインが欲しかっただけだが、気難し屋のフィリップは介護や看護の資格も経験もないドリスをあえて採用する。

周囲は彼の採用を反対していたが、仕事が少々雑ながらもフィリップを「障がい者」ではなく一人の人間として扱ってくれるドリスに、フィリップは少しずつ親しみを抱いていく。

『最強のふたり』は体が不自由な富豪の老人と、その介護人を務める移民の青年の交流を描いた作品である。

 

作品の中でドリスはフィリップの障害を使ったジョークを連発し、周囲をドン引きさせる。

 

首から下を動かせないフィリップの膝に電話を置いて「電話に出なよ!」と言ったり、チョコレートを求めるフィリップに「このチョコレートは健常者用だよ!」と発言したり。

 

およそ日本でやれば大炎上しかねないジョークの数々だ。

 

しかし、そんなドリスにフィリップは心を開いてく。

 

彼にとってドリスは、自分を「障がい者」ではなく一人の人間として扱ってくれる数少ない人間だからだ。

 

 

この映画を観て僕は、これまで障害のある人への向き合い方を深く考えたことがなかったことに気付いた。

 

そして障害を持つ人との接点はできるだけ減らしたいと考えていた自分にも気が付いた。

 

もちろん、小学生の頃から学校の授業や講演で障害のある人への配慮について教わってきた。

 

点字やバリアフリーについても学習してきたし、道徳の授業でも彼らが不自由なく生活できる社会がいかに大切であるかを学んできた。

 

しかし、それらは本質的な向き合い方を教えるというよりも、可もなく不可もない対応を、言い換えれば周りから批判されない接し方を学んだだけのように思う。

 

 

僕たちは障害のある人達に特別な配慮を求められる。

 

彼らは社会的な「弱者」であり、彼らを「支える」ことが当たり前とされ、間違っても障害をからかうなんてことは許されないし、うっかり彼らの心を傷つけるような失言をすれば批判を浴びる。

 

Twitterでの炎上やリプライをみると、「障害者」ではなくひらがなを使って「障がい者」と表記しろだとか、チャリティ番組で運動している映像を流すなだとか、ほとんどいちゃもんに近い批判もある。

 

こうした批判を耳にするからこそ、僕たちは障害を持つ人たちと関わることを避け、無難な対応で済ませようとする。

 

彼らをサポートしようとして不用意な言動で彼らを傷つければ、あるいは周囲の人にとって気に入らない行動があるだけで、批判を浴びることになるからだ。

 

しかし、ドリスは違った。

 

彼はフィリップの障がいをジョークで笑い飛ばすし、体を動かせない彼の前でダンスも踊る。

 

普通の人ならこんな行動は批判を恐れてできっこない。

 

でも、ドリスのこういう行動こそ、本当の意味で障害のある人と共に生きるということなのではないかと感じた。

 

障がいを笑えということではない。

 

障がいを触れてはいけないもの、タブーのように扱うのではなく、言うなれば一つの「個性」として扱うことが求められるのではないだろうか。

 

障がいがあるからといって腫れ物に触るような対応をするのではなく、あくまでも一人の人間として向き合う。

 

それこそが本当の意味で障害のある人と向き合うということなのだろうと感じた。

 

 

みなさんもぜひ、『最強のふたり』を観て障害のある人との向き合い方を考えてみてはどうでしょうか。

Amazon Primeで無料で観られるので、ぜひチェックしてみてください。  

 

Amazon prime 30日間無料体験はこちらから!

映画「最高の人生の見つけ方」から学ぶ後悔しない人生の送り方

「最高の人生の見つけ方」は余命半年を宣告された二人の老人が、残された時を人生でやり残したことに捧げるというストーリーである。

 

家庭を顧みず何度も離婚し、仕事に人生を捧げて何億ドルもの資産を積み上げた大富豪エドワード

大学在学中に彼女が妊娠し、中退して以来3人の子供を育てるために自動車の修理工として働いてきたカーター

偶然同じ病室となった二人の老人は余命半年を宣告され、残された時間を人生でやり残したことに捧げようと決意し、旅に出る。

 

ちなみにこの映画の原題である「The Bucket List」は「死ぬまでにしたいことをリスト化したもの」を指し、劇中で二人は紙のメモにボールペンでやりたいことを書き出し、達成するたびに棒線で消していった。

 

なぜ「Bucket」なのかというと、「kick the bucket」で「自殺する」という意味がある慣用句に由来している。

 

首をつって自殺する人が踏み台にしていたバケツを蹴る様子からきているそうだ。

 

二人がメモに書きだしていたことは

「スカイダイビングをしたい

「涙が出るほど大笑いしたい」

「世界で最高の景色を見たい」

などなど。

 

その多くはかなりのお金が必要なもので、エドワードの資産がなければ達成できなかったかもしれない。

 

しかし、二人が「やり残したリスト」のための旅の中で気が付いた、「本当に後悔していること」、「大切なもの」はもっと身近で、お金とは無関係なものであった。

「家族」である。

エドワードには離婚した妻の一人との間に娘がおり、その娘の結婚相手のことで娘と揉めて以来、結婚式にも呼ばれず絶縁関係になっていた。

 

エドワードはずっと娘に会いたいと思っていたが、プライドが邪魔してそれができないでいた。

 

一方カーターも、家族のために我慢を重ねてきた人生の最後の時間を自由に使いたいと考え、旅をし続けようとしていたが、本当に大切なものは家族と過ごす時間なのではないかと悩んでいた。

二人は互いに「おせっかい」をし、お互いの幸せのためにするべきことを指摘し合うが、それが原因でケンカになってしまう。

二人の関係がどうなってしまうのか、そして二人の「やり残したリスト」は完成され、幸せな最期を迎えることが出来るのか。

 

それはぜひ映画を観て確かめてほしいと思います。

Amazon Primeで無料で観ることが出来るので、ぜひチェックしてみてください。

 

Amazon prime 30日間無料体験はこちらから

 

さて、僕がこの映画を観て考えたのはどうすれば死を宣告されたときに後悔しない生き方ができるのかということである。

 

Twitter上では働き方を工夫して時間と自由を手に入れている人の話をよく見かけるが、

「普通に進学し、普通に就職して定年まで働き続ける」という人生がまだまだ一般的であろう。


以前どこかで見かけた、

 

「学生は時間はあるがお金がない。社会人はお金はあるが時間がない。」

 

という言葉は核心をつていると思う。

 

僕は今大学生で、まとまった時間をとることは難しくないがお金がないためあまり遊びに行くことが出来ないことを実感している。

 

そして社会人になればお金は稼げるが一日の大半を仕事に捧げなくてはならず、まとまった時間をとれるのは週末だけだろう。(休みがあるだけでもマシかもしれないが)

 

それも仕事の疲れがあって寝て過ごしたり、平日の夜はストレス解消で酒を飲んだりしている人は、週末に遊ぶお金がなくて何もせず休日を終えるということもあるだろう。

 

そして結婚すればパートナーとの関係や子育てにエネルギーを注がなくてはならず、生活費や教育費、老後に向けた貯蓄や資産形成にお金を使わなくてはならない。(これができるだけでも現代では相当に「勝ち組」だとは思うが)

 

そう、人生において時間とお金がどちらも足りていることは基本的にないのである。

 

ではどうすれば僕たちは人生の最期に後悔せず、あるいは出来る限り後悔がない状態で残された時間を過ごすことが出来るのだろうか。

 

結論から言うと、幸せな人間関係を築いておくということに尽きるのではないだろうか。

 

年収はある程度の水準を超えると幸福度に影響を与えないというデータがある。

 

しかし、人間関係の充実度は有意に幸福度に影響を与えるということが様々な調査で分かっている。

 

これはもちろん、充実した人間関係を築ける人はある程度時間やお金に余裕があるからという側面もあるだろう。

 

しかし、僕の20年やそこらの短い人生を振り返っても、幸せな瞬間というのはお金ではなく人との関係の中にあったように思う。

 

僕が幸せを感じたのは、高い入園料を払って一日中ディズニーランドで遊んだときでもなければ、女の子と渋谷のオシャレなお店で食事をした時でもない。

 

学校の友人との友情や、両親からの愛情を感じることができた瞬間だ。

 

正直、幸せな感情は長続きするものではないと思う。

 

友達や家族とケンカすれば幸せな記憶はすぐどこかに消えてしまうし、何か嫌なことがあれば心の中はそれで一杯になってしまう。


それでも。

自分の人生で嬉しかったこと、幸せだったことを思い出そうとすると、楽しい遊びやおいしいごはんではなく、友人や家族との思い出がよみがえる。

 

きっと死が迫りつつあるときに求めるのは、大切な人たちとの時間なのだろう。

 

残された最後の時間に、僕はきっと家族や友人と過ごしたいと願うはずだ。

カーターやエドワードが最後は旅から帰って大切な人たちと過ごしたように。

 

長くなりましたが、後悔しない人生を送るためには人間関係を大切にするべきです。

 

それができていない原因が仕事であるなら、本当に自分が求めているのはお金なのか、そんなにたくさんのお金が必要なのか、社会的地位や名声だけが欲しいのか、自分自身に問いかけてみるべきです。

 

そしてもし人との関係を大切にしたいと思えたなら、「ありがとう」という単純な言葉がなんだかんだで一番自分と周囲の人を幸せにするように思います。