ケンゾウの自習室

~日々の学びの記録~

気ままに書いたもの

「何かしなくてはいけない」という焦りとどう向き合えばいいのか

今日もまた、だらだらと一日を過ごしてしまった。 就職が2か月後に迫る中、卒論を終えて社会人に向けた勉強や最後の長期旅行の様子をSNSにアップする知り合いが増えてきた。 カフェで勉強している様子をタイムラプスで撮影した動画や、海外のきれいな海や街…

いまだにキャッシュレス決済しない人ってなに考えてるんだろう?

ジャラジャラジャラ! 「またか...」 心の中で僕はあきれる。 コンビニでレジの列に並んでいると、いまだに現金を使っている人が多いことに驚く。 現金を使っていても、素早く会計を済ませる準備をしているならまだ許せる。 しかしたいていの場合、現金ユー…

【感想】松屋のシュクメルリ鍋定食を食べてみた

松屋のシュクメルリ鍋定食とは? さっそく食べてみた 松屋のシュクメルリ鍋定食とは? ここ最近、最寄り駅にある松屋の看板を見て気になっていたメニューがあった。 その名も「シュクメルリ鍋定食」。 松屋「シュクメルリ鍋定食」 ジョージア料理の一つであ…

就活生は「自己分析」よりも「幸福の因数分解」をしよう

「自己分析」とは? 自己分析も役に立つけど... 自己分析よりも幸福の因数分解 何のために働くか? この時期、就活生はどの企業にエントリーシートを出すのか必死に考えているのではないだろうか? 興味のある業界・業種をすでに絞れている人もいれば、まだ…

芸能ニュースが目立つときこそ政治ニュースに注目しよう

政治スキャンダルと芸能ゴシップ 吉本闇営業問題と参院選 ラグビーW杯と消費増税 巨額政治資金と不倫・DV・脱退 本当に大切なニュースは何か? 政治スキャンダルと芸能ゴシップ ここ数日のニュースを騒がせてるのはもっぱら新型コロナウイルスで、今日からの…

巨大プラットフォーマーが独り勝ちする時代が来るのだろうか?

楽天市場の送料無料を巡る騒動 なぜ楽天は送料を無料化したいのか? Amazonジャパンの類似騒動 プラットフォーマーが強気化している? 今後の展望 追記(2020/2/7) 楽天市場の送料無料を巡る騒動 国内最大級の通販サイト、楽天市場が揺れている。 今年3月から…

僕たちはホリエモンじゃない―即レスを煽る時代にあえて通知を切ってみよう―

即レス=有能という風潮 即レスで得られる満足感 あえて通知を切ってみよう 即レス=有能という風潮 即レスが有能の証になったのはいつからだろうか。 僕の記憶が正しければ、ホリエモンが「多動力」という本で「有能なビジネスマンほど返信が早い」というよ…

積ん読がメンタルに悪すぎるからやめる方法を考えてみた

本をよく買う人なら、積ん読の経験が一度はあるのではないでしょうか? 積ん読(つんどく)とは、「入手した書籍を読むことなく自宅で積んだままにしている状態、あるいはその状態にある本」と定義することができるでしょう。 不思議なもので、買う前は「何…

ブレグジットとスコットランド独立問題についての展望

最近の国際情勢に関するニュースといえばイランとアメリカの対立が目立っていますね。 しかし、その裏ではブレグジットというビッグニュースも隠れています。 どうやらイギリスのEU離脱は確定路線になったようですが、その後はスコットランドの独立問題が再…

情報社会に生きる僕たちは関東大震災直後の悲劇と無縁なのか?

関東大震災と朝鮮人虐殺 現代とは無縁の事件と言えるだろうか? 東日本大震災と風評被害 熊本地震とライオン脱走 情報が増えても人間の本質は変わらない 関東大震災と朝鮮人虐殺 1923年9月1日に起きた関東大震災は、死者・行方不明者が14万人を超える未曽有…

「仕事って面白いの?」就活中から抱いていた疑問

僕は4月から社会人になるが、就職先は正直に言うと第3志望くらいの企業で、仕事の内容も全く興味がない。 というより、就職活動をしていた頃からずっと思っていたことだが、 仕事って面白いの? 会社説明会やOB訪問で出会ってきた社会人たちはみな、 「仕事…

アラブの春で民主化の明暗を分けたものと民主主義という「常識」

民主主義は世界の常識か? アラブの春と民主化の明暗 アラブの春後の両国の政治の動向 エジプト チュニジア 民主化プロセスの明暗を分けた原因 政治学会の見解 結論 民主主義は世界の常識か? 「民主主義」は僕たち日本人にとってあまりにも当たり前の存在だ…

立ち読みを作者のお金に変える方法を考えてみた

立ち読みは漫画村の利用と同罪かもしれない 「目に見える評価」と「目に見えない評価」 「目に見えない評価」を見えるようにする方法とは? 具体的にどう電子化するか? スクリーンショットを制御する機能 作品ごとに表示される広告 作品ごとの人気投票機能 …

フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」の歌詞が過激すぎる件

過激な歌詞であることで有名なフランス国歌。「暴君」「血まみれの旗」など恐ろしい歌詞が連続するが、その背景にはフランス革命の歴史とフランス国民の独立への思いが隠されていた。

アイルランドの歴史を知ってから聴く「Ireland's Call」に涙が止まらなかった

ミーハーな僕を許してほしい。ラグビーワールドカップに関する記事だ。 昨日行われた準々決勝の一戦、ニュージーランドvsアイルランドの試合は、ワールドカップ3連覇を目指す最強軍団、ニュージーランド代表(オールブラックス)が序盤からアイルランドを圧…

「塾は不要」~進学校の指導に抱いていた疑問~

僕が通っていた高校はいわゆる進学校で、学校の勉強以外にも部活や学校行事に全力で取り組むことを美徳としていた。 ツイッターではよくネタとして扱われることだが、そういった進学校では「学校の授業をしっかり聞いていれば、塾に通う必要はない」といった…

「上には上がいる」はたまには忘れたほうがいい言葉だと思う

「上には上がいる」 僕の20年やそこらの人生の中でも、そう痛感させられた経験は山ほどあった。 地元の中学校で常にトップクラスの成績を収めて自身に満ち溢れていた僕は、高校で学年の下位20%という成績をとり、自分が井の中の蛙であったことを思い知らさ…

宮澤智の結婚報道を見て新川優愛の好感度がもっと上がった

フジテレビアナウンサーの宮澤智が結婚したらしい。 宮澤智 彼女は早稲田大学在学中からホリプロのアナウンス室に所属し、日テレの番組でお天気お姉さんとして活躍していた。 卒業後は難関の就職試験をくぐり抜けてフジテレビのアナウンサーになったという、…

ザリガニって青くなるらしい

Twitterのタイムラインをながめていたら、こんなツイートを見つけた。 pic.twitter.com/cjzYrF6oaN— 風化させないbot中の人 (@fuuka_sasenai) 2019年8月13日 懐かしき「トリビアの泉」で放送されていた、「アメリカザリガニにサバをあげると青くなる」という…

諫山実生-「月のワルツ」が神秘的で美しい

「みんなのうた」という番組を覚えているだろうか。 1961年の放送開始以来、1300を超える楽曲を放送してきたNHKの人気番組だ。 数々の人気曲を生み出してきたこの番組の中でも大きな反響を呼んだ曲を一つ紹介したい。 「月のワルツ」という曲だ。 2004年10月…

米中貿易戦争についてまとめてみた

最近のニュースで毎日のように耳にする話題の一つが米中貿易戦争です。 ファーウェイや5G、知的財産権や関税などの話が入り交じる中で、何がきっかけなのか、現在どういう状態なのかわからなくなってきたので、調べたことをまとめてみました。 中国の経済成…