映画の紹介・感想

『世界一キライなあなたに』を観て超高齢社会と安楽死について考えた

// 『世界一キライなあなたに』は、失業した父に代わって家族を養わなければいけない女性、ルイーザと、交通事故で四肢麻痺になり車いす生活を送る大富豪、ウィルの出会いと交流の中で安楽死を描いた作品だ。 『世界一キライなあなたに』のあらすじ 少し長く…

『坂道のアポロン』を観て清々しさに胸焼けした

// 『坂道のアポロン』は小玉ユキの原作漫画を実写化した2018年公開の映画です。 <原作漫画はこちら> 坂道のアポロン(1) posted with ヨメレバ 小玉 ユキ 小学館 2008年04月25日 楽天ブックス Amazon Kindle 知念侑李、中川大志、小松菜奈、ディーン・フ…

映画『最強のふたり』は障がいのある人との向き合い方を考えるきっかけをくれる

// 『最強のふたり』は2011年公開のフランス映画で、事故で体が不自由になった富豪と、その介護人となった貧困層の移民の若者の交流を描いた作品だ。 軽くあらすじを紹介する。 パリに住む富豪のフィリップは、事故による頚髄損傷で首から下の感覚がなく、体…

映画「最高の人生の見つけ方」から学ぶ後悔しない人生の送り方

// 「最高の人生の見つけ方」は余命半年を宣告された二人の老人が、残された時を人生でやり残したことに捧げるというストーリーである。 家庭を顧みず何度も離婚し、仕事に人生を捧げて何億ドルもの資産を積み上げた大富豪エドワード。 大学在学中に彼女が妊…